A report : 49th 8/11 Monthly NNA Rally

NNA-275battery RPRT

To people who attended yesterday’s rally, thank you so much. Your presence made the difference. To people who couldn’t attend the rally, but sending your support and nice spirits, thank you, too. This is the month 71years ago, 2 Atomic bombs were dropped in Japan. I feel August is very important month and the month … Continue reading

報告: 8月9日のリバモア核兵器研究所前抗議集会

朝6時半にバークレー、ベイエイリアを出発し、核兵器・原発絶滅集会に参加の皆さん、ごくろうさまでした。カリフォルニア晴れの天気で、青空の下、約300人が参加しました。     スピーチをした一人、被爆者のはなおかさんは「時期の大統領になりうるドナルド・トランプは核兵器の使用は、いつも準備しておきたいと言っている」とその恐ろしさを述べ、ヴェトナム 戦争の機密書類を公表し、反戦・反核で知られているダニエル・エルスバーグさんも「次期大統領可能なヒラリー・クリントンでさえ核兵器を使うか、使わないかははっきり公表すべきでない、と言って使う余地を残しておきたがっている」と、私たちがまさに核戦争にいつでも巻き込まれる状況であることの不気味さを語りました。    今回もIWJ (Independent Web Journal)  SF支局さんがインターネットで中継してくださいました。そのアーカイブィンクです。 パート1:http://www.ustream.tv/recorded/90414073 パート2:http://www.ustream.tv/recorded/90413563 次に、拙い私のスピーチですが、要望もあり添付しました。 過去の歴史を忘れず、それから学び、核兵器・核発電を絶滅していきましょう! 知ることは大事です、そして声を出し立ち上がることは更に大事です。   8/9/16 , at Lawrence Livermore Lab (Chizu Hamada speech) Ohayou gozaimasu! Good morning! In 1974, I left my life in Japan to come to the United States. For over 40 years now, I have called the Bay Area my … Continue reading

8月9日リバモア集会と11日SF日本領事館前月例集会の参加案内

nna-rally-275-battery

リバモア核兵器研究所前、広島・長崎核兵器絶滅集会 日時 :8月9日、火曜日 午前8時開始−10時頃終了 場所 :研究所北西角の空き地、Vasco Road x Patterson Pass Road In Livermore すでに8月。想像を絶する広島・長崎原爆犠牲者の痛み、苦しみを絶対に忘れてはいけない月、抗議の思いを新たにする月です。数十年続くリバモア核兵器研究所前の核廃絶抗議集会ではアメリカに破壊的に汚染されたマーシャルアイランドからの声も聞きます。テーマは『今すぐ武装を解除せよーー世界正義のために核の犠牲者達と共に立つーー』です。 第49回月例11日、8月反核抗議集会  日時 : 8月11日,木曜日 午後3時−4時半 場所 : サンフランシスコ日本領事館前(安倍政府の海外窓口)      275 Battery Street、SF      (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック) 核兵器と核発電は同じページの表と裏。核兵器を広島・長崎に実験的に落としたアメリカが核兵器開発に費やした膨大な金を取り戻そうと、『アトムの平和利用』などとうそぶいて売りつけた原発(核発電)を、被曝の地獄を目の当たりにしながらも、核の技術を掌中に収めておきたく積極的に受け入れた自民党、そして福島の過酷事故にも目をつぶり、次々に再稼動させ、原発を潜在的核兵器保有国に保つため決してあきらめない自民党・安倍政権を、わたしたちは放っておいてはいけないのです。すでに軍国化は始まり、今や自衛隊は国外で戦争に加われる軍隊になってしまいました。今回も私たちの声を、政府に届けましょう。沈黙は容認なりです。 8月13日のヘレン・カルディコットさんの講演会も忘れませんように! http://sfpl.org/index.php?pg=1024034801 written by NNA member Chizu Hamada