Report : the 7th anniversary of Fukushima Meltdown/68th NNA monthly rally・7周年福島メルトダウン惨事・第68回NNA 抗議集会事後報告

  The 7th Anniversary of Fukushima meltdown and our 68th NNA Monthly Rally went fine. About 20 people participated. Thank you for joining us from many groups, such as Circle of Concern, Fukushima Response, Abalone Alliance, Peaceworkers, former SF Occupy and people of grass roots. And thank Tri-Valley CAREs for joining with the statement. We … Continue reading

7周年3・11抗議集会のお知らせ&首相への手紙のお願い

あれから7年経ったのですが、福島メルトダウンの犠牲者の皆様はどのようにこの7年を過ごしてきたのでしょうか。 すでにメルトダウン関連死は2014年末までに2000人を超えています。 病院、老人ホームからの避難、移動中の死。そして不便できつい仮住宅での生活と、土地財産を失い故郷に戻れない辛さで、病気の悪化。今までの生活のはりを失くし、悲観のあげく自殺。決して体験した人たち以外には計りも知れない辛い状況でしょう。 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/cat289/ それで国、東電は彼らを救って来たのでしょうか? それともないがしろにして、『臭いものには蓋』式に真実を隠し、責任を逃れ、メルトダウンをなるべく軽く見せようとして来たのでしょうか? 特に3・11以降、多くの人が国と企業が犠牲者・国民を軽くあしらう態度をまざまざと見せられた中、彼らは、福島の子供達を安全キャンペーンの先頭に立たせて未だ危険な場所に住まわせ、任意避難者の住宅支援もうち切ってしまいました。しかも次々と原発を再稼働させその無責任さと無謀さは弾劾されるべきものです。 けれど時間は、色々なものを風化させてしまいます。記憶も怒りも。 福島の犠牲者たちは「私たちを忘れないでほしい。」「メルトダウンが2度とあってはならない。」と言っています。 そうです!福島を忘れてはいけない!国・企業の原発・核促進への怒りは決して忘れてはいけないのです。 他の月には、参加できない人も 来たる3・11集会にはぜひ参加してください! 怒りを新たにするとともに、犠牲者の皆様へ黙祷を捧げましょう。 第68回月例11日、福島メルトダウン7周年、3月反原発・反核抗議集会   日時 : 3月11日,日曜日 午後3時から4時まで(3時45分行進開始) 安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト 3時45分: Justin Herman Plaza(4-5 blocks)へ向けて行進を開始。プラザで解散。 場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック) 主催 : No Nukes Action  www.nonukesaction.wordpress.com 次にお願いです。 例年のように3・11集会には多くのみなさまに首相への手紙を書いてもらいたく前にもお願いしましたが、現在4通届いているだけです。どうぞみなさまの胸の内、怒り、懇願、提案なんでも書いてください。1行から15行ぐらい、日本語でも英語でも構いません。英語の場合は一部抗議集会で読み上げます。できたら3月8日までに送ってください。全通首相へ送ります。 よろしくお願いいたします。 written by NNA member Chizu Hamada