A report of the 59th monthly NNA rally on 6/11/17・6/11抗議集会事後報告

No Nukes Action appreciate your encouragements for us to keep going our monthly rally for years! At this time, eight hard core people gathered at the 59th NNA rally on June 11th. The demanding letter to PM Abe was written by Sam Kanno who lives in LA, and the letter was mailed to PM Abe … Continue reading

6/11 SF Japan Consulate Speak-Do Not Force The Families of Fukushima Back and Stop The Restarting of Japanese Nuclear Plants

6/11 SF Japan Consulate Speak-Do Not Force The Families Of Fukushima Back and Stop The Restarting of Japanese Nuclear Plants 6/11 SF Japan Consulate Speak-out Sunday June 11, 2017 3:00 PM San Francisco Japanese Consulate 275 Battery St./California St. San Francisco The people of Fukushima and Japan continued to be threatened by the ongoing contamination … Continue reading

6.11反原発•反核•反戦抗議集会のお知らせ

今、安倍首相はものすごいスピードで日本を、戦争のできる国へ変えようとしている。強行採決で「秘密保護法」、「集団的自衛権の行使」容認、そして今は「テロ等準備共謀罪」、悪法を次々と成立させている。(悪法を成立させうる国会議員を送っている多くの日本人、悪法が成立して行く日本への危機感のない日本人、、そういう人にはなりたくない) 福島の核惨事はと言えば、未だ収束程遠く、自主避難者たちの住宅支援は打ち切られ、強制避難者たちは、除染して安全だから(?)、戻ってこいと半ば強制されている。だがその町の避難した1割しか戻ろうとしない。残っている放射能の危険を知っているからだ。生活は破壊され、人権はないがしろにされ、子ども達の健康が脅かされている。それなのに福島惨事は日本、世界から風化されつつある。原発の恐ろしさは忘れられ、原発が再び信奉されていく。 それでも忘れていけないのは、日本国の原発政策・軍国政策は間違っていると、何万人もの人たちが集まり、東京でそして各地で抗議を続けている事だ。彼らは諦めていない。どうかして、この政策を転換したいと立ち上がり、抗議している。これからも、声を大にして抗議しなければ、日本は恐ろしい戦前のような日本へ戻ってしまうだろう。民主主義など、名ばかりの国にすでになっているのだ。 サンフランシスコでも、政府政策への抗議の場がある。それが毎月11日の抗議集会だ。一人一人の意思を表明しよう。参加することが政策反対の意思表明だ。福島を忘れてはいけない。原発はいらない。日本を軍国化してはならない。 第59回月例11日、6月反原発・反核抗議集会 日時 : 6月11日,日曜日 午後3時から4時まで      安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト 場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF      (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック) 主催 : No Nukes Action   www.nonukesaction.wordpress.com written by NNA member Chizu Hamada