A report of 1/11/18 rally・1/11/18 原発・核反対抗議集会事後報告

Half a dozen people came to the rally. There are good news and bad news. We had the victorious ruling at three courts in Japan last year even though they are not perfect rulings because one of them didn’t rule for the government’s responsibility. Hitach electric Co. will export the reactor and build plants in … Continue reading

1/11 SF Japan Consulate Protest-Stop Restarting Nuclear Power Plants in Japan and Defend The Families of Fukushima

1/11 SF Japan Consulate Protest-Stop Restarting Nuclear Power Plants in Japan and Defend The Families of Fukushima Thursday January 11, 2018 3:00 PM San Francisco Japanese Consulate 275 Battery St./California St. San Francisco The Japanese Abe government continues to restart nuclear power plants despite the failure to even contain and remove the radioactive meltdowns at … Continue reading

2018年1月11日抗議集会のお知らせ

新年になりました。皆様は新しい年をどのように迎えましたでしょうか? 今年は、一体どうなるのか、、、予測が難しいです。 それは「アメリカが世界で一番大事」と豪語し、非人道的規制を次々と作り上げ、威嚇し続け、世界をあたふたとさせる大統領がいて、しかもそれに追従する国が多くあり、安倍政権の日本はそれの先頭を行くもので、国民主権を無視し、悪法を成立させ軍事費拡大、自衛隊強化をはかり、戦争開始の危機をも作り上げています。 この状況が続いた時、日本国民は戦争開始を抑えることができるのでしょうか? 戦争の過ちを2度と繰り返さないという鋭い決意があるのでしょうか? 共謀罪成立後も政府に抗議していくことができるのでしょうか? それはできるのだろうかとの問いではなく、間違った政策をやめさせる強い意志とその闘いを継続していく意志があるかとの問いかもしれません。意志と行動があれば政策は変えられるという希望を持つことです。 去年は地方裁判所、高等裁判所で3件ほど福島犠牲者が勝訴の判決も出ました。闘い続ければ、希望も出てきます。核禁止条約が国連で採決されました。ICANがノーベル平和賞を受賞しました。 陰があれば陽がある。希望は持ち続けなければいけません。 福島の犠牲を忘れないために、脱原発、核兵器絶滅を目指し、今年も諦めず抗議を続けて行きましょう。 沈黙は容認なり。継続は力なり。皆様の参加を願っています。 第66回月例11日、1月反原発・反核抗議集会 日時 : 1月11日,木曜日 午後3時から4時まで 安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト 場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック) 主催 : No Nukes Action http://www.nonukesaction.wordpress.com written by NNA member Chizu Hamada