• Monthly Anti-Nukes Rally at the Consulate General of Japan in San Francisco

    毎月11日の午後3時より在SF日本領事館で反核ラリー!黄色いものを身につけてきてください。
    Every 11th of the Month 3pm-4:30pm, wear something yellow!

6/11 Saturday SF/Global  Rally Against Release Of Fukushima Radioactive Water Into PacificNo Release Of Fukushima Radioactive WaterStop The Restarting Of The Nuke PlantsNo NUKES, No WAR, US Military Out Of Japan 6/11 Saturday SF/Global  Rally Against Release Of Fukushima Radioactive Water Into PacificNo Release Of Fukushima Radioactive WaterStop The Restarting Of The Nuke PlantsNo NUKES, … Continue reading

Advertisement

Don’t Nuke the Pacific Protect Our Ocean

Don’t Nuke the Pacific Ocean! Protect Our Ocean Protest and Marching Date and Time : Saturday June 11th , 2 pm-3 pm Place : Front of SF Japanese Consulate, 275 Battery St, SF (a few blocks from BART Embacadero station) After speaking out, we will march to the Embarcadero Plaza Please bring any signs and … Continue reading

お知らせ:Don’t Nuke the Pacific Ocean! : 6/11(土) 処理汚染水海洋放出反対アクション

来たる6月8日は世界海洋デー(World Oceans Day)です。海洋の豊かさを守り海洋汚染問題を考える国際デーです。 この日が近づく今、政府が去年4月13日に出した福島の処理汚染水を海洋に放出するとの決定が、「国連海洋法条約」の「いずれの国も、海洋環境を保護し及び保全する義務を有する」に反していることが懸念され、許されません。それは海洋放出以外に、陸上の大型タンクで保管するなど実行可能な代替手段があるにもかかわらず、取り除くべき放射性物質を残したまま、処理汚染水を海洋に流し、さらに海を汚し、生物を傷つけるからです。 政府は、汚染水はALPSで処理し、トリチウム以外の放射性物質は基準内に収まっていると発表したものの、ジャーナリストの精査により基準値を超えていたことが数年前に発覚しました。トリチウムを水から取り除くことは今のテクノロジーでは無理で、海洋の生態循環でトリチウムが体内に入った場合、遺伝子を傷つける可能性が出てきます。東電は二次処理を行うと言い、水で希釈してから放出すると言っていますが、どの放射性物質がどのくらい残っているのかは発表しようとしていません。そして放射性物質は希釈してもその量が変わるわけではありません。 「処理水」が安全であるという政府のごまかしに惑わされてはいけません。政府は地域漁民、住民の理解承諾なしには海洋放出を決定しないと約束しておきながら、一方的に放出を決めました。政府の非人道的、国際法に反する処理汚染水海洋放出に反対しましょう。 FoE Japanの作った4つの短い動画も参考にしてください。https://foejapan.org/issue/20220413/7467/   Don’t Nuke the Pacific Ocean!  処理汚染水海洋放出反対アクション 日時  6月11日(土曜日) 2時から3時場所  SF 日本領事館前:275 Battery St, SF (BART Embarcadero station から数ブロック)    スピークアウトのあと、数ブロック先のEmbacadero Plazaまでマーチします。    手作りのサイン大歓迎:できたら何か黄色いものを身につけてください。主催  No Nukes Action, Jun 11th Global Day of action ちづ / Chizu Hamada

事後報告:11周年3・11福島惨禍、最終回(第100回)月例抗議集会

11周年3・11福島メルトダウン抗議では、福島の問題が薄れていくどころか、さらにそれが増しているという実感が強かったです。 折しも、ロシアがウクライナを攻撃中で、原発破壊の危機にさらされている時でした。 40人以上もの参加者で、スピークアウト、沖縄音楽も加わり、最後には3−4ブロックですが行進もあり、充実した抗議集会だったと思います。 岸首相への手紙と詩(3月10日に領事館へ郵送)を添付いたします。 集会の詳細はビデオをご覧ください。 3・11原発・核反対集会 Production Of Labor Video Project http://www.labormedia.net   さて、スピーチで言い残したことがありますので追加いたします。 それはこの福島メルトダウンは人為事故であって、避けることのできる事故であったということです。 福島原発建設時に、丘を削らず高いところに、特に非常用ジェネレーターを設置すべきだったのに、海に近い低敷地を経済的理由で選んだ事。 2008年には巨大津波の予見構想があって、もっと高い防波堤を作るべきだと知りながら作らなかった事。 そして政府、企業、原子力安全委員会との癒着があった事。 これらは常に金を作ることを優先し、人命と健康を見下した杜撰で、それがため避けることのできた福島メルトダウンが起こったのです。 この責任を国と東電は認め、反省し、十分に被害者に損害賠償をし、健康管理を務め、国内の原発全基の廃炉を今すぐ決断すべきです。さて第100回目でとりあえず月例抗議集会を停止することになりましたが、個人としてはあまり感慨はありません。 なぜなら、福島事故は収束されず、未だ犠牲者の皆様が苦しんでいるからです。 むしろこれからこそ、福島の赤裸々な問題に光を当てていかなければいけないと思うからです。 ですが、100回の抗議集会のみならず、日本から招いた反原発活動家の椎名千恵子さんのカリフォルニアツアー、下地真樹さん、土井敏邦さんの講演会などに、そして数々の福島ドキュメンタリー上映会に参加して、支援してくれた皆様を思うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。 これからもNo Nukes Actionは福島の問題に光を当て続けていく予定です。 どうぞ変わらない皆様の支援をよろしくお願いいたします。 ちづ Statements for 11 years anniversary _______________________________________________________________________ To: Prime Minister Kishida, 岸田内閣総理大臣殿2022年3月11日Dear Prime Minister Kishida,The last 2 weeks, I’ve been watching TV coverage of Russians invading Ukraine.Again I can’t … Continue reading

On The 11th Anniversary of Fukushima: Action In San Francisco By NNA

On The 11th Anniversary of Fukushima: Action In San Francisco By NNAhttps://youtu.be/AJIY0a-5NWEOn the 11th anniversary of the Fukushima nuclear meltdowns, an action washeld in San Francisco at the Japanese consulate to protest the continued effortsof the Japanese government to restart more nuclear plants and to release 1.4 milliontons of contaminated water into the Pacific ocean. … Continue reading

3/11福島原発事故11周年、第100回月例反原発・反核抗議集会のお知らせ

ロシアのウクライナへの侵入・爆撃が続き、ロシアは核兵器使用を示唆し、ウクライナにある15基の原発も危機に面しています。核兵器絶滅・原発廃炉・戦争反対に大いにエネルギーを注ぎ込む時です。 さて来たる3月11日は福島原発過酷事故の11周年にあたります。11年経っても、福島は大きい傷口を開けたまま、苦しんでいます。国・東電が真実を隠し、事故を過小評価し、責任を逃れ、福島はもう収束したと嘯いても、福島の真っ赤な傷口は、そのまま大きく開いています。 300人を超す、甲状腺がんに病んでいる福島の若者たち。国・東電は事故とがんは関係ないと常に白ばくれ、11年近く経ってから若者たち6人が、苦しみの挙句、国・東電の責任を裁判に訴えました。The voice of plaintiffs suffering from thyroid cancer in Fukushima いまだ4万人近くの被害者が避難状態にあります。名ばかりの除染で避難民への賠償を打ち切り、汚染地への帰還が強制されています。溜まり溜まった汚染処理水。国・東電は周囲の反対を押し切り、来年から海に放出すると決めました。このように被害者・避難民への不正は続いているのです。 そして廃炉の困難は続き、このあと30年経っても収束は無理だとIAEAすら言っています。この間、作業員の安全が憂慮されます。放射性汚染物を入れたフレコンバッグはまだ行く場所がなく山積みです。 ともかくこんな莫大な困難を抱えたまま、国は福島メルトダウン以降9基もの原発を再稼働させたのです。そして大震災の余震はこれまでにマグネチュード7以上が10回以上もあり、これから10年は続くということです。加えて南海トラフ巨大地震も予測される今日、日本は、原発推進政策を押し続け、福島メルトダウンはなかったかのように振る舞っています。再稼働はもちろん、既存原発の寿命延期、新規原発建設は絶対に反対すべきで、全廃炉を願うのみです。 さて来たる3・11集会はNo Nukes Actionの第100回目の月例抗議集会で月例抗議としては最後となります。『沈黙は容認なり』と、100回にわたり集会をオーガナイズし、首相への手紙を書いたり、収集したり、領事と談判したり、ある時は100人の参加、ある時は3人だけ、ある時はマイクロフォンを忘れ、大声を張り上げた翌日は疲労困憊などいろいろあり、100回続けましたが、あいにく福島の問題・困難・苦しみは未だ続いています。しかし抗議集会で福島の問題に目を向けてもらうことはできたと思います。少しでも多くの人が福島の現状と真実を訴えていかなければならないと思います。ですからNo Nukes Actionは月例抗議は中止しても、これからも福島の現状に目を向け、訴え続けていきます。なお集会終了後、3ブロック先のEmbarcadero Plazaまでデモ行進をし、プラザで解散後、打ち上げピクニックを致します。どなたも参加歓迎、フード・飲み物も歓迎です。 3月11日の夜6時からはMothers for Peace の『メルトダウンから11年』のズームイヴェントがあります。福島のジャーナリスト藍原寛子さんが福島の状況を話します。下記のリンクで登録し、参加してください。https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZcudequqz0oGdNnRbckyKXrAM4muPQqioCt それから3月9日の5時から ”Nuclear is Not a Climate Solution” のオンラインイヴェントもあります。下記のリンクでWEBに入り、登録して参加してください。https://www.oregonpsr.org/nuclear_is_not_a_climate_solution    11周年福島原発事故、第100回(最終回)月例抗議集会   日時:3月11日、金曜日、3時から4時まで、このあとEmbarcadero Plazaまでデモ行進場所:サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF     (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)主催:No Nukes Action http://www.nonukesaction.wordpress.com 最後の月例集会、多数の参加を願っています!福島の問題に目を向けよう! Fukushima Never Again! ちづ

3/11/22 Friday 100th Action Against The Nukes

3/11/22 Friday 100th Action Against The NukesOn The 11th Anniversary of FukushimaNo NUKES, No WAR, US Military Out Of Japan & OkinawaRally At San Francisco Japanese Consulate Friday March 11, 2022 3:00 PMSan Francisco Japanese Consulate275 Battery St/California St.San FranciscoSponsored by No Nukes Action Join the Rally and Speak Out/Music/Poetry/Voices On the 11th anniversary of … Continue reading

2月11日反核・反原発集会のお知らせ

パンデミックが収束しない困難な状況下で、アメリカとロシアが軍を派遣しあって対峙し、緊張を高めています。中国がロシアをバックアップすると言っています。そして日本はアメリカの尾ひれにくっついて、さらに軍隊(自衛隊)を強固にし、次の動きを窺っています。戦争を体験しない世代が、戦争の真の残虐、悲惨を知らず、戦争勃発へと再び過ちを繰り返す、そういう人間の世界に暗澹とせざるを得ません。 福島の問題に目を移しても、政府は汚染水を太平洋に流すことを決めましたし、若者たちの甲状腺癌はメルトダウンとつながりがないと、無責任な態度を変えません。高度な放射性デブリにも未だ取り出しの目処が立っていません。それでも原発の再稼働を強行し、住民と国民を危険に晒しています。これらの政府の無責任な態度は紛糾されるべきです。許されません。 来たる2月11日、金曜日、3時からSF 日本領事館前にて、政府に抗議いたします。皆さんの参加を希望いたします。 なお以下の署名運動が立ち上がっていますが、まだ署名していませんでしたら、どうぞご協力ください。・「グリーン」でも「持続可能」でもない原発をEUタクソノミーに含めるべきでない       https://chng.it/c9XXwhGkbT・福島甲状腺癌「過剰診断」論撤回・検査拡充を求める       https://chng.it/x5MbJKs6LB     第99回 月例11日、反核・反原発集会 日時 : 2月11日、金曜日 午後3時から3時45分まで     反原発、反核、スピークアウト場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF     (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)主催 : No Nukes Action http://www.nonukesaction.wordpress.com ちづ

2/11/22 Friday Rally At SF Japanese Consulate! No More Fukushimas!

2/11/22 Friday SF Rally At SF Japanese Consulate! No More Fukushimas!Stop Restartinng NUKES in Japan99th Action of NNA Committee Friday February 11, 2022 3:00 PMSan Francisco Japanese Consulate275 Battery St/California St.San FranciscoSponsored by No Nukes Action Despite the fact that the Fukushima nuclear plant meltdowns still has not been contained and is continuing to leak … Continue reading

About 1/11 rally and the future rallies

A belated Happy New Year to everyone!Hope this year will be nice and better than the one before. We are sorry to inform you late but we will not have our upcoming January 11th rally since the Omicron virus have been spreading so rapidly, But we are hoping to have the February 11th rally which … Continue reading