• Monthly Anti-Nukes Rally at the Consulate General of Japan in San Francisco

    毎月11日の午後3時より在SF日本領事館で反核ラリー!黄色いものを身につけてきてください。
    Every 11th of the Month 3pm-4:30pm, wear something yellow!

About 1/11 rally and the future rallies

A belated Happy New Year to everyone!Hope this year will be nice and better than the one before. We are sorry to inform you late but we will not have our upcoming January 11th rally since the Omicron virus have been spreading so rapidly, But we are hoping to have the February 11th rally which … Continue reading

新年のご挨拶と1月11日抗議集会の中止、そしてその後の月例集会について

皆さま、新年おめでとうございます。 しかし日本の2030年、2050年に向けてのエネルギー基本計画によれば、石炭火力を減らす代わりに原発を増やしていくという危険な構想ですので、おめでとうと芯から言えないのが残念です。ひたすら自然エネルギーに力と技術と資本を注ぎ込めば、日本は自然に恵まれた国ですので(太陽、風、水、潮、地熱、、、)きっと自然エネルギーで賄えるはずです。 さてオミクロン株の繁栄は予想以上となりました。規制もまた強くなってきました。それで来たる1月11日の抗議集会は中止となります。しかし2月11日には是非決行したいと思います。2月が99回目の月例集会となり、3月11日が100回目の集会となります。 ここでご報告なのですが、No Nukes Actionの月例集会は今年の3月11日を持ちまして、停止となります。しかし月例集会は終わりとしても、福島惨禍を引き起こした日本政府への弾劾を終わらすことはできません。福島の犠牲者さん達を忘れることはできません。南海トラフ巨大地震が予想される今、第二の福島惨禍を起こすことは許されません。なんとしても、原発は廃炉にすべきでしょう。NNAは今後毎年3月11日を軸にして、当日にはSF日本領事館前にて抗議し、折々、講演、映画会などを催していきたいと思っています。大事なニュース、オンラインでの署名などがありましたら転送致しますのでどうぞよろしくお願い致します。 福島惨禍を忘れ、今も苦難している犠牲者さんたちがいることを忘れている人々が増えていると思います。福島を忘れないため、2度と福島惨禍を繰り返さないため、皆様と力を合わせ、(月例集会は終わりとしても、)今後も抗議を続行していきたいと思います。どうぞ今年も、よろしくお願い致します。 ちづ

12月11日反核・反原発集会のご案内と11月11日集会の録画

まず始めに、11月11日集会の事後報告が遅れました事をお詫びいたします。集会内容は添付のリンクで録画をご覧ください。 https://youtu.be/Ryi3vlyhLvw さて12月11日の集会が今年最後の集会となります。今年、2021年はパンデミックが長引き、さらに新ウイルス、オミクロンが出てきて、先がしかと見られない状況にあり、皆様の生活にもいろいろと変化があった事でしょう。 この1年、反核反原発の運動にもいろいろあったと思います。良いことから挙げれば、核兵器禁止条約の発効(広島・長崎の被爆者さんたちが先頭に立ち長い年月闘ってついに勝ち取った核絶滅への前進一歩)、東京高裁で福島メルトダウンは国にも責任があると裁定された事(10年間でたった3つ目の国の責任を明確にした勝訴)そして「黒い雨」訴訟の勝利など。 悪いことを挙げれば、ほぼ切りがないほどです。政府が2年後に溜まりに溜まった汚染処理水を海に流すと発表(国民、世界に向けて全く無責任な行為)、廃炉の困難は続き、さらに計画予定の引き延ばし、東京オリンピックの強行開催(福島惨禍の目隠しから始まり、巨額の国費を使い、IOCを肥やした)、 問題の多い伊方原発を再稼動(https://mainichi.jp/articles/20211202/k00/00m/040/201000c)、 今年発表で甲状腺癌はさらに6人増え合計287人(https://www.ourplanet-tv.org/40600/)、衆議院選挙の結果、憲法改悪の危険がさらに強くなった、などなど。 そして10年経っても、国が福島惨禍の真実を隠蔽し、軽く見せ、損害賠償を十分にしないので辛い思いをしている犠牲者さんたちが、数多くいることを忘れていけないでしょう。 政府が「南海トラフ巨大地震」を想定し地震が起きたらどうなるかをシュミレーションを入れて動画を作成しました。この地震は今後30年間に70%の確率で起こるという恐ろしいものです。しかも被害は東北震災よりも17倍も大きいという巨大地震です。動画ではどのようにこの被害を少なくするかなどを提示しています。しかし驚いたことに、ここでは原発の存在、危険が一切示されていません。原発推進国の政府の動画ですので、震災時に原発がどうなるかは、国民に知らせたくないのでしょう。 「南海トラフ巨大地震編 全体版」 内閣 http://wwwc.cao.go.jp/lib_012/nankai_all.html 第二の福島惨禍を繰り返してはなりません。危険で非人間的な原発は廃炉にすべきです。 今年最後の集会です。皆様の多数参加を希望いたします。    第98回 月例11日、反核・反原発集会 日時 : 12月11日、土曜日 午後3時から3時45分まで     反原発、反核、スピークアウト場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF     (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)主催 : No Nukes Action   www.nonukesaction.wordpress.com ちづ

12/11/21 Saturday SF Rally At SF Japanese Consulate! Stop Restarting The NUKES!

12/11/21 Saturday SF Rally At SF Japanese Consulate! Stop Restarting The NUKES!98th Action of NNA Committee Saturday December 11, 2021 3:00 PMSan Francisco Japanese Consulate275 Battery St/California St.San FranciscoSponsored by No Nukes Action Join No Nukes Action to demand a halt by the Japanes government to any dumping of radioactive water from tanks around the … Continue reading

“Shut Down All The Nukes” Rally In SF At Japanese Consulate

“Shut Down All The Nukes” Rally In SF At Japanese Consulatehttps://youtu.be/Ryi3vlyhLvwA rally was held at the Japanese consulate in San Francisco onNovember 11, 2021 to protest the plans of the Japanesegovernment to dump more than 1 million tons of radioactivewater with tritium into the Pacific Ocean from Fukushima.The speakers pointed out that the broken nuclear … Continue reading

11月11日(木)反核・反原発集会のご案内

秋の衆院選では自民・与党が勝利し、維新の議席が4倍にも拡張し、憲法改悪の危機がさらに深まってしまいました。国と国の紛争を武力で解決しない、戦争はしないという貴重な憲法を改悪されてはなりません。投票率が戦後3番目に、低かったそうです。もっと政治に関心を寄せ、自分の立ち位置をしっかりさせることは今こそ重要ではないでしょうか? 来年の参院選はどうなることでしょうか? さて、11月2日に津波対策を怠ったとの業務上過失致死罪で起訴された東電旧経営陣3人の控訴審が始まりました。一審判決の無罪の破棄を求めたものです。「巨大津波予見できた」と、、、 朝日デジタル https://www.asahi.com/articles/ASPC26T10PBZUTIL00S.html そして各地で稼働差止めの闘いは続いていますが、裁判で不正判決が続出しています。伊方原発3号機の運転差し止め認めず 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20211104/k00/00m/040/093000c 原発が、故郷を生涯失ってしまうほど危険で悲惨で、命と健康を無視した非人道的なもので、しかも莫大な費用がかかるエネルギー生産であるのを承知のうえで、日本人は福島惨禍以降、9基もの原発を再稼働してきました。地震国で、東電のように利益優先の運営で、予見できた津波に備えた防備をしなかったなどで、この人災は起きてしまいました。そして第二の原発惨禍が起きないと誰が言えましょうか? 原発推進は反対するしかありません。ウラニウムの発掘から使用済み燃料棒・放射性廃棄物の管理まで問題がありすぎ、今の人間の知恵では、解決できません。メルトダウン後の福島の廃炉は、IAEAの会長も2051年まで終わるかは全く分からず、いつ終わるか分かる人は誰もいないだろうと言っています。災害の底なしの危険を知れば、原発に反対するしかありません。 政府の嘘から始まり、福島惨禍を小さく見せ、すでに惨禍は収束したと嘯く政府に抗議しましょう。人権を無視した原発には反対しましょう。 今月も11日、SF 日本領事館前に参集してください。      第97回 月例11日、反核・反原発集会 日時 : 11月11日、木曜日 午後3時から3時45分まで     反原発、反核、スピークアウト場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF     (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)主催 : No Nukes Action https://nonukesaction.wordpress.com/ written by ちづ

11/11 Thursday SF Rally At SF Japanese Consulate

11/11 Thursday SF Rally At SF Japanese Consulate No Dumping Of Radioactive Water In The Pacific From Fukushima Meltdowns Thursday November 11, 2021 3:00 PMSan Francisco Japanese Consulate275 Battery St/California St.San FranciscoSponsored by No Nukes Action Join No Nukes Action to demand a halt to any dumping of over a million tons of radioactive water … Continue reading

10月11日(月)反核・反原発集会のご案内

黒い雨訴訟の勝利、福島避難民に対する国の責任を認めた勝訴など朗報が続いています。しかしここまで来るのに、なんと長い年月を要したことでしょう。それは政府が被害を過小評価し、隠蔽し、マスコミをコントロールしてきたからでしょう。福島惨禍の場合は東電が国に加わり、被害者への人道的救済を怠ってきました。そもそもこの東電は、仕事達成ができるのでしょうか? 福一の廃炉を担い、柏崎刈羽原発を再稼働しようとしていますが、到底その資格と能力はないものと思います。 東京新聞;福島第一原発、ずさん管理相次ぐ、、、、https://www.tokyo-np.co.jp/article/131985朝日新聞デジタル;東電の不祥事 見えぬ経営陣の危機感https://www.asahi.com/articles/DA3S15064021.html 9月の初めに『被曝•医療 福島シンポジウム』がありました。その冒頭のヴィデオメーッセージで韓国の金医師は、そもそも日本政府は「福島事故はチェルノブイリ事故より小さい」と間違った判断で今に続いている。それを訂正し、正しく対処していかなければならないと言い、ドイツのアレックス・ローゼン医師は「福島で実際に起きていることに光を当て続ける努力が必要だ、そして事故で被害を受けた難民に加えられている不正を暴き出すことだと訴え、後半では青森の遠藤順子医師が「トリチウムの危険」をやさしく解説し、六ヶ所村の再処理所の危険を訴えています。そして世界の分析でも原発に近ければ近いほど癌と疾病が多いと説明しています。(1;15;42から)シンポジウムの締めくくりでは、福島惨禍における小児甲状腺癌は明らかに平常より多く、小児だけでなく敗血病、癌、心臓疾患も増えている。政府はこれらを科学的に解析しなければならず、福島の被爆者にも『被爆者手帳』を与え政府が責任持って対処すべきであると、言っています。被曝・医療 福島シンポジウムhttps://youtu.be/9xY6EE_NB1A 政府は公的に福島惨禍は収束したと宣伝したく、東京オリンピックを迎え、そのあとはパンデミックを乗り越えた快挙のオリンピックと急遽変えて宣伝したくても、国民の不信感を募らせただけでした。あげく菅首相は転落し、岸田新総裁が誕生しましたが、彼は「核兵器には反対だが原発は推進していく」と言い、その矛盾には頓着しないようです。 これからも反核・反原発運動には長い道のりが必要かもしれません。でも諦めず声を出し、可視化していきましょう!10月11日、SF 日本領事館前に結集してください!    第96回月例11日、反核・反原発集会 日時 : 10月11日,(月)曜日 午後3時から3時45分まで     反原発、反核、スピークアウト場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF     (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)主催 : No Nukes Action http://www.nonukesaction.wordpress.com ちづ

10/11 SF Rally At SF Japanese Consulate

10/11 SF Rally At SF Japanese Consulate To Stop The NUKES & Defend The People Of FukushimaSpeak Out To Stop The Release Of Radioactive Water In The Pacific Monday October 11, 2021 3:00 PMSan Francisco Japanese Consulate275 Battery St/California St.San FranciscoSponsored by No Nukes Action The continuing dangers of the Fukushima nuclear meltdowns are a … Continue reading

7・11反原発、反核集会のご案内

東京オリンピックは「安全、安心」のもとでの開催と、何度も聞かされて来ました。そして東京五輪5者協議では海外からの観客は無しで、国内の観客は50%の収容人数とし、7月12日までに緊急事態宣言か、まん延防止重要措置がでれば、オリンピックは中止せず、無観客でも開催すると決めました。(IOCは、たとえ無観客となっても、ゲームさえ強行すれば、テレビ、ブロードキャストの契約金がごっそり入るので、全く問題にはならないそうです。)しかしこの強行開催は、世論と医療関係者の開催反対要望を全く無視したものです。しかも、世界中でデルタ株を始め様々な変異株が現れている今、開催の23日までには8万人の選手団、関係者が来日予定ということです。空港検疫、受け入れ先は問題なく対応できるのでしょうか。 https://www.asahi.com/articles/ASP6P5RWDP6KUTQP01M.html この「安全、安心」と政府が言うたび、政府宣伝の原発の「安全神話」が思い浮かびませんか。政府の宣伝する「安全」は、もう信じられません。福島原発事故はあってはならない事故だったのです。東電と国の癒着と怠慢が導いた人為事故でした。10年経ったら、「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」なのでしょうか? 福島原発事故以来すでに9基の原発が再稼働してしまいました。原子力規制協会の「安全」のお墨付きでの再稼働です。しかし事故時の避難ルート、原発地の活断層、周辺の活火山、そして使用済みの燃料棒の処理など、問題の山を残しての再稼働です。「安全」どころではありません。2年後の汚染処理水の海洋放出も全ての放射性物質を取り除けないままの放出となります。国にとっては海洋放出が一番安易でローコストなのです。水で希釈しても、放射性物質の量は変わりません。どうして「安全」と言えましょうか。 人の命よりも金を先行させる政策は許せません。福島災禍を風化させない!東京オリンピックは中止すべき!再びSF日本領事館前に参集して下さい。 第95回月例11日、反原発・反核抗議集会 日時 : 7月11日,日曜日 午後3時から3時45分まで     反原発、反核、反東京オリンピック・スピークアウト場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF     (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)主催 : No Nukes Action http://www.nonukesaction.wordpress.com ちづ