nna-rally-275-battery

月例反原発・反核11月集会の参加案内

干ばつが続いているSF・ベイエイリアにも恵みの雨が少し降り、木々が生き生きと輝いています。でも透き通る11月の光の中で、夏の名残の花々をうっとり見ていても、こうしている時にも、福島、沖縄はもちろん、日本中で苦しんで闘っている人たちがたくさんいるのだと思うと、この秋の陽からエネルギーを得て、安倍政策の抗議へ立ち向かわなければならないと思うのです。 高江での大阪府警の暴言『土人、シナ人』は日本が戦前、戦中、戦後を通し国民に植え付けてきた恥ずべき差別主義の現れでした。まだまだたくさんの人が安倍政権を信仰するように、この差別は根深いのだとわかります。沖縄の人々は一体いつ解放されるのでしょうか? 福島の犠牲者も、国から熱い保護と賠償を受けられるどころか、切り捨てられ賠償が打ち切られようとされています。チェルノブイリなら30年経っても帰還困難で見捨てられたような汚染地に、福島では人を帰還させています。除染しても、安全からは程遠いのです。 そして日本のジャーナリズムは、恥ずべきことに、誠に恥ずべきことに、Reporters without Bordersによれば、2016年にはなんと世界中で72位のていたらくに下落してしまいました。ジャーナリズムの自由のない国で、どれほどの真実が隠されてしまっていることか、身の毛がよだちませんか? Counter Punchの記事を読むと、日本の外でしっかり状況を見て啓蒙している人々がいるのがわかり、それは希望の一つです。 Fukushima Cover Up http://www.counterpunch.org/2016/10/31/fukushima-cover-up/ 10月28日には国連の『核兵器禁止条約2017年制定交渉開始』の決議に日本は反対しました。アメリカの意向に尻尾を振ったものですし、憲法九条も改悪し軍国主義へ逆戻りしようとしているのがわかります。 政府政策に抗議をすることは、無駄ではありません。押し潰されても、それでも続けなければ敵の思う壺です。たくさんの活動が分裂し、停止するのも彼らの思う壺です。 継続は力なり、沈黙は容認なり。 第52回月例11日、11月反核抗議集会 日時 : 11月11日,金曜日 午後3時から      安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト。4時ごろ解散予定 場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF      (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック) 主催 : No Nukes Action   www.nonukesaction.wordpress.com written by NNA member Chizu Hamada

Five Years After Fukushima : Living with Disaster

film screening and report on Okinawa to the people in Bay Area “Five Years After Fukushima : Living with Disaster”  18 min. Documentary film by Greenpeace  Five and half years have passed from severe meltdown of Fukushima. Now what’s going on in Fukushima? … nuclear reactors, victims, children, compensation, decontamination, contamination value, returning of victims, safety … Continue reading

NNA-275battery RPRT

The report from 10/11/16 Rally

We have recorded the least attendance, total of 8 people in the history of the every 11th of Monthly Rally. But one of attendants, Paul Kangas said “8 people are better than nobody”.  Four people spoke out: Paul Kangas made clear how much benefit for the world  to switch to the Solar energy, we should … Continue reading

nna-rally-275-battery

10/11 SF Rally-Speak Out- Let’s Stop Another Fukushima From Happening Again!

10/11 SF Rally-Speak Out- Let’s Stop Another Fukushima From Happening Again! Defend the Children and Families From Fukushima Tuesday October  11, 2016  3:00 PM 275 Battery St./California St. San Francisco Join on October 11, 2016 at 3:00 PM at the San Francisco Japanese Consulate to call for the evacuation of all children and families in … Continue reading

new address EverGreen

納得できない老朽原発の安全審査合格、福島、高江の犠牲者たちは泣いている、10月11日の月例集会に結集しよう!

今年12月で40年の運転期限を迎える老朽の美浜原発3号機が、なんと10月5日正式に安全審査をすり抜けてしまいました。3号機の近くには活断層もあり、それだけでも危険な原発があと20年も稼動するるとは無法なことです。納得できません。 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2884474.html また、稼働中であった川内原発の1号機は6日から定期検査に入り、稼動を停止しました。熊本地震もありましたし、活火山の桜島にも近く、避難計画なども杜撰なままです。このまま稼動されず廃炉に持ち込みましょう! http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161005/k10010719041000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_001 そして福島の犠牲者たちは未だ救われていません。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2016092302100020.html 小児甲状腺癌は確実に増え続けています。132人が手術を受けました。 http://www.sting-wl.com/fukushima-children9.html 福島でも、高江でも、人々が基本的人権を認められず踏みにじられています。こんな、主権がどこにあるかわからない国を、民主国家とはとても呼べません。主権を国民に戻し、国民を考えてくれる政府が今こそ必要です。一人一人が立ち上がらなければ、政府は好き勝手なことをしていきます。 諦めず政府に抗議しましょう。直接抗議は有効手段の1つです。 第51回月例11日、10月反核反戦集会 日時 : 10月11日,火曜日 午後3時集合      安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト。4時半ごろ解散予定 場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF      (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック) 主催 : No Nukes Action   www.nonukesaction.wordpress.com invite by NNA Member Chizu Hamada

NNA-275battery RPRT

A report of 9/11 NNA monthly action ・ 9/11 月例集会事後報告

About 17 people attended. A few people from the anti nukes groups joined us first time. Nice to have the fresh faces and voices. And again, IWJ( Independent Web Journal),SF office, broadcasted the rally live on internet. This is the archive link. http://www.ustream.tv/recorded/91310100 Don Marlin wrote the letter to PM Abe, and Yoko Clark read … Continue reading

nna-rally-275-battery

9/11 SF Rally-Speak Out On 9/11!

9/11 SF Rally-Speak Out On 9/11!  Let’s Stop Another 3/11 From Happening Again In Japan That Could Destroy The Country Defend the Children and Families From Fukushima Sunday September 11, 2016  3:00 PM 275 Battery St./California St. San Francisco Update From Japan By No Nukes Action Leader Chizu Yamada On Sunday September  11 at 3:00 … Continue reading

nna-rally-275-battery

第50回9月11日月例抗議集会の案内

参加してくれる皆さんはもちろん、参加はできなくても熱い支援を送ってくださる多くの皆さんに支えられて、11日月例抗議集会は9月11日集会で50回目となります。 月例集会を始めて4年と2ヶ月。福島のメルトダウンからちょうど5年半が経ちます。50回とか5年というのは1つの節目で、日本の活動家たちの中でも、数多くが、ふと考え、そこで後退したり、滞ったりする人が多いいと聞きました。 しかし、福島の犠牲者たちは救われていません。子供達の甲状腺癌は確実に増えているのに、政府はメルトダウンとの関連はないとうそぶき、帰還困難地区にさえ不可能な除染を計画し、避難者を戻そうとしています。廃炉作業員の中に明らかに作業中の被曝でガンに侵される人も増えています。政府もそれを認めざるをえなくなりました。 最近の台風9号、10号では作業も一時休止となりましたが、台風のニュースを聞くたびに、未だ危険な溶融炉を憂い、袋に入れられて積み上げられた汚染土がばら撒かれられないか、地下水の水位が上がり海に汚染水が大量に流されないかと心配です。日本は地震の巣であり、台風の通り道です。そんな危険な日本に、福島で懲りず、鹿児島の川内原発の再稼動、福井の高浜原発再稼動認可、さらに愛媛の伊方原発が8月12日に再稼動されてしまいました。なんと不正義なことでしょう! やはり、政府がこんなデタラメなことを続けていては、ふと考えて、諦めるわけにはいかないのです。辺野古を見ても高江を見ても、政府のやり口は大多数の国民の声を違法に圧し潰し、民主主義を全く無視したやり方です。東京オリンピックのお祭り以前になんとかしなければならない大事なことが山とあるのです。国民の目を福島から、沖縄からそらさせないでください。 諦めず政府に抗議しましょう。直接抗議も有効手段の1つです。 多くの皆さんが駆けつけてくださいますように、、、! ともに闘いましょう! 「継続は力なり」、「沈黙は容認なり」 第50回月例11日、9月反核抗議集会   日時 : 9月11日,日曜日 午後3時集合        安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト。4時半ごろ解散予定 場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF       (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック) 主催 : No Nukes Action   www.nonukesaction.wordpress.com (written by NNA member Chizu Hamada)   フクシマ核災害の悲惨な現実は少しでも解決に向かっているでしょうか? 現実はますますのっぴきならない事態に追い込まれていると思います。 最近も原子力規制委員会が発表した「高濃度廃棄物(L1)の処分方法が決まった」ことを大マスコミがあたかも解決に向けた前進のように伝えていますが、実は“国がお手上げで、あの嘘ばかりで「無能な」各電力会社に丸投げするということの「決定」”なのです。試算で明らかになった8000トンもの高濃度廃棄物の処分方法は5年と6カ月たった今でも「全く無い」ままなのです。大マスコミによる論評抜きのこの原子力規制委のニュースは「解決に向かっている」という雰囲気を醸し出す為だけのものです。真実は再稼働によってさらに高濃度廃棄物を増やしている、つまりは「後は野となれ山となれ、(原子力ムラが)今だけ儲かればそれでいい。」ということです(その内実を明らかにした「院長の独り言」ブログ http://onodekita.sblo.jp/article/176744482.html を参照ください。「科学的な解決策」なる嘘八百の諸々も明らかにされています)。 しかし私たちが考えなくてはならないのは、ではこうしたごまかしと隠ぺいに次ぐ隠ぺいを重ねる政府・電力会社・原子力ムラという「お上」の“お金の絡んだ(合法的?)犯罪行為”をだれが告発し、止めさせ、責任を取らせるのか!ということです。本来、社会の主権者である私たちが賢く真実を認識し、“力を発揮して止める”しかないのです。 (written by NNA member Isam Kanno)  

NNA-275battery RPRT

A report : 49th 8/11 Monthly NNA Rally

To people who attended yesterday’s rally, thank you so much. Your presence made the difference. To people who couldn’t attend the rally, but sending your support and nice spirits, thank you, too. This is the month 71years ago, 2 Atomic bombs were dropped in Japan. I feel August is very important month and the month … Continue reading

報告: 8月9日のリバモア核兵器研究所前抗議集会

朝6時半にバークレー、ベイエイリアを出発し、核兵器・原発絶滅集会に参加の皆さん、ごくろうさまでした。カリフォルニア晴れの天気で、青空の下、約300人が参加しました。     スピーチをした一人、被爆者のはなおかさんは「時期の大統領になりうるドナルド・トランプは核兵器の使用は、いつも準備しておきたいと言っている」とその恐ろしさを述べ、ヴェトナム 戦争の機密書類を公表し、反戦・反核で知られているダニエル・エルスバーグさんも「次期大統領可能なヒラリー・クリントンでさえ核兵器を使うか、使わないかははっきり公表すべきでない、と言って使う余地を残しておきたがっている」と、私たちがまさに核戦争にいつでも巻き込まれる状況であることの不気味さを語りました。    今回もIWJ (Independent Web Journal)  SF支局さんがインターネットで中継してくださいました。そのアーカイブィンクです。 パート1:http://www.ustream.tv/recorded/90414073 パート2:http://www.ustream.tv/recorded/90413563 次に、拙い私のスピーチですが、要望もあり添付しました。 過去の歴史を忘れず、それから学び、核兵器・核発電を絶滅していきましょう! 知ることは大事です、そして声を出し立ち上がることは更に大事です。   8/9/16 , at Lawrence Livermore Lab (Chizu Hamada speech) Ohayou gozaimasu! Good morning! In 1974, I left my life in Japan to come to the United States. For over 40 years now, I have called the Bay Area my … Continue reading