October 18,19 The Truth and Reality of Fukushima / an Educational Conference with Dr. Robert Gould, Dr. Masaki Shimoji / 教育/勉強会 『除染は果たして可能か?福島の現実と真実』下地真樹さん、Robert Gould医師を招いた教育討論会

The Truth and Reality of Fukushima / an Educational Conference Date and Time: Saturday October 19, 2013 2:00 PM – 6:00 PM Place: San Francisco State University, Room BH1 1600 Holloway Ave. SF 94132 Admission: Free Download Flyers here…10_18,19 講演会 10.19announcement Japan and the world continue to be threatened by the Fukushima meltdown and further contamination of … Continue reading

月例11日9月集会事後報告と岩田領事のマーシャルアイランドへの左遷(?)

日本領事館の入っているビルの改築は終わりましたが,早速警備員からこの建物は私物であるから,建物の中の人物, 入り口をを出入りする人物の撮影はできないとのハラスメント。そして向かいのビルは工事の真っ最中でしたので,その騒音の中,集会は開かれました。  今回は,20−25人。真剣に福島の現状を憂う人が集まりました。福島を訪れて来たウィリスきょう子さん、東京のテント村を訪れ官金デモにも参加して来た山下八重子さん,京都から英語を勉強に来ていてデモのすぐ後にはテストがあるというのに参加してくれた富田成美さん,それぞれ意見を述べてくれました。ダイアンフェインスタイン議員の家の前で、前夜アメリカのシリア軍事介入/ミサイル攻撃を反対しピケを張ったニックサービットさんは,アメリカインデイアンのフランキーさんを誘って参加し,デモ後の5時からのピケの参加を促していました。この二人は勿論のこと,さらに5−6名がスピークアウトをしました。  さて,過去13回毎回歩道に降りて来て、首相宛の嘆願を受け取り「責任を持って,これを東京に届けます。」と約束をして下さった岩田領事が、先月突然マーシャルアイランドに転勤させられました。後任の早川領事に歩道に降りて来て下さるよう直接話し,了解を得たのですが,その時刻になって急に都合が付かなくなったとの理由で代わりに事務員さんが来ました。岩田領事は既にスケヂュールが入っている時も,そちらをずらし来てくれたりと、ともかく都合を付けて来て下さったので大きな違いです。噂で彼のご両親は広島の被爆者であったとか,ワイフは福島出身であったとか聞きました。  その岩田さんがよりによって、マーシャルアイランドに移されたというのもとても不思議です。ご存知のように、マーシャルアイランドは1946年から1958年にかけてアメリカが傲慢にも67回核爆発を繰り返した島々です。全部会わせると広島,長崎に落とした7200倍の破壊力というのですから,人身に及ぼす悪影響,環境破壊は想像を絶する規模で、アメリカは天国の島々を一部地獄に変えてしまったのです。第五福竜丸始め1000艘の漁民達が非人道的に被曝させられたのもこの島々でした。なんと愚かな事を人類は繰り返すのでしょう。  ともかく、岩田領事,13回もわたしたちに付き合って下さって,ありがとうございました。左遷でない事を祈ります。(寄せ書きのカードを,岩田さんに送ってくれと事務員さんに渡しました。) IWJの配信録画ヴィデイオは以下からご覧ください。http://www.ustream.tv/recorded/38613677

9月11日 総理大臣への嘆願書/9.11 Petition to Japanese Prime minister

嘆願書 日本国内閣総理大臣安倍晋三殿 首相は2020年のオリンピックが東京に決まり、さぞ歓喜なさっていることでしょう。報道によれば,選挙の当選の時より 嬉しかったとありました。でも,サンフランシスコベイエイリアに住むわたしたちは、東京オリンピック決定のニュースを呆然と 受け止めたのです。それは福島第一事故が収束のめどもついておらず、子供達,被害者が未だ被曝を続けている事実が 断固としてあるからです。 首相はブエノスアイリスのプリゼンテイションでは,福島第一原発について「状況はコントロールされております」と おっしゃり,質疑応答では福島は「全く問題ない,汚染水は完全にブロックされている」、「健康問題については、今までも, 現在も,そして将来も全く問題はない、ということをお約束致します」と答えておられます。 しかし状況はコントロールされているどころか,汚染水は地下水に漏水し,タンクから300トン以上の冷却処理水が漏出し, 海洋への漏水では東電も説明しているように,完全にブロックされた状況ではなく水が行き来しているというではないですか。 470億円の国費を使い凍土壁設置を計画しているようですが,まだそれが完成したわけでなく、それで成功するかはまだ 分かりません。 健康問題にしても,福島では甲状腺がんが子供達に増え続け,6月から更に6人も増え18人、癌の疑いも含めるとなんと 43人も病気になっているのです。こうして毎月甲状腺がんの子供が増えるのを,首相は何とも感ぜず放っておくのでしょう か?子供の健康と命を守る事の方がオリンピックよりも大事な事ではないのでしょうか?ちなみに東京でもオリンピック誘致 に危惧した市民グループが競技に使われる会場の線量計測をしましたが、やはり一部には「除染基準」としている毎時0.23 マイクロシーベルトに近似した線量の地点もありました。ホットスポットが各所に散在しているのです。 韓国も,福島を含む東北関東計8県からの水産物を輸入する事を先日禁止しました。ここカリフォルニアを含めた ウエストコーストでは福島事故の及ぼす放射能の被害,影響を深刻に見つめ,調査してくれるよう、5人の議員に宛てた 嘆願書が今サインを集めています。ニューヨークタイムズも第一面を使い福島の現在の危機を報告しています。 首相はたくさんの約束をブエノスアイリスで致しましたが、今ある日本の原発の再稼動は絶対にしない,建設中の原発を 廃止する、原発輸出は絶対にしない事こそ約束してください。 世界が,安倍首相がどのように福島事故収束に立ち向かうか見ています。世界の各地から英知を集め,最善の対策を たててください。子供の命を守って下さい。集団疎開させて下さい。被害者への充分な損害賠償を実施して下さい。 オリンピックの歓喜の陰で,福島を忘れないで下さい。 今こそ,ひたむきに真剣にならなければ,全てが手遅れとなってしまいます。 2013年9月11日 サンフランシスコベイエイリア有志 No Nukes Action Committee 及び (nonukesactioncommittee@gmail.com) ___________________________________________________________________________________________ Petition Abe Shinzou Japanese Prime Minister, You must be delighted and very happy, after it was decided that Tokyo will be … Continue reading

第14回月例11日9月原発反対集会のお知らせ

汚染水の海洋流出,地下水の汚染,タンクからの漏出は次から次へと増え続け、 タンクの接ぎ目からは高線量が確認されていますが、具体的な解決策がありません。 除染は終わったはずなのに,線量がどう変わったか国/自治体からの報告が一向に来ないので住民が自分で測ったら、 国が除染後の目安とする0.23マイクロシーベルトより高かったそうです。(だから国は測りたくない、、?)   http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013090202100003.html 子供の甲状腺がんは、やはり増え続け,確定は18人(6月は12人),疑いは25人(6月は15人)にもなってしまいました。   http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013082102100004.html 東電は福島第一の事故を収束できないまま,今度は新潟県にある柏崎刈羽原発を動かそうとしています。 そして政府/原発産業は、福島事故の原因の解明,収束も終えていないのに,原発を輸出しようとやっきです。 狂っているとしか言いようがありません。 少しずつ、冷静に大きな壁を崩して行くしかありません。 新たな動きとして県民3人が、大量汚染漏水の刑事責任を問うため、東電社長,幹部約30人を相手取り公害犯罪処罰法違反の容疑で告発します。 また原発を作ったメーカーにも事故の責任があると「原発メーカー訴訟」原告団が組織されました。世界の誰でもが原告になることができ、国際連帯運動が始まります。あなたも原告になって支援できます。   http://ermite.just-size.net/makersosho/  そして月例11日の集会デモがあります。諦めてはいけません。立ち上がり続けましょう。 是非,あなたも参加して下さい。行動が流れを変えて行くのです。      第14回月例11日9月原発反対集会 日時 : 9月11日(水曜日)午後3時から4時半まで 場所 : サンフランシスコ日本領事館前      50 Fremont Street  SF(Embercadero BART station駅より1.5ブロック) 継続は力なり