Report from 10/11/18 NNA Rally・10月11日NNA抗議集会報告

About a dozen of people have attended on the 75th NNA Monthly Rally. Among several speakers, there were Sharat G.Lin of San Jose Peace and Justice Center, Anti-Nukes activist Jan Boudart from Chicago and Puerto Rican labor activist Ricardo Ortiz. For the details, please watch the video which was taken by Genta Yoshikawa. https://youtu.be/RzGskNi3sK4 The … Continue reading

10/11 Speak Out-Stop Restarting The Japanese NUKES

10/11 Speak Out-Stop Restarting The Japanese NUKES And Releasing Radioactive Water-Stop Repressing Anti-War/Anti-Nuclear Activists Thursday October 11, 2018 3:00 PM Japanese Consulate 275 Battery St near California St. San Francisco The Abe government continues to demand that the refugees of Fukushima and their children return to Fukushima because it has supposedly been “decontaminated”. This is … Continue reading

10月11日月例反原発・反核集会への誘い

安倍三選のやりきれない状況の中、沖縄県知事選挙で玉城デニー氏が住民の声を反映し勝利したことは一筋の希望の光を見ているようです。 しかるに、安倍三選に見られる執拗な右よりの日本ではもちろん、言外のカヴァナーが最高裁判事に公認されたアメリカ、そしてブラジル、欧州、多くの国々で民主主義が名ばかりになって行きます。 このような状況下では、権力者は自己の利益、権勢しか追わず、傷つけられた犠牲者はさらに叩きつけられ、救われません。大多数の国民の声は押し潰されてしまいます。 福島の現状は先に送った小出裕章氏の『フクシマ事故と東京オリンピック』でも分かるように、今までに、広島原爆約1000発分のセシウム137が大気中、そして海洋へ放出され、未だに広島原発7000発分のセシウムが何処かにある溶け落ちた炉心に存在しているというのに、しかもどうやってそれを取り出すかは未だ分からず、7年半経っても「原子力緊急事態」宣言が解けないというのに、「事故は収束した」とうそぶき、オリンピックで嘘の安全をばら撒き、お祭り気分になろうとは許せない状況です。そして犠牲者は7年半苦悩の毎日を生きてきて、これからも苦悩は続いていくのです。(小出さんのステイトメントは添付参照) そして国民の危惧を無視し再稼働が繰り返されています。 伊方原発差し止め仮処分が却下され、今月27日には始動予定です。 それが許せないのは最大級の断層が近くにあり、細長い半島に住む約4700人の避難経路の解決がないままで、判事達は政府・原発企業サイドに立ち、国民の真の安全と幸福を考えていないからです。 https://mainichi.jp/articles/20180926/ddm/005/070/029000c 声を出し、立ち上がる事を諦めてはならない時です。今月もSF日本領事館前に是非参集してください。   75回月例11日、10月反原発・反核抗議集会  日時 : 10月11日,木曜日 午後3時から4時まで 安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト 場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック) 主催 : No Nukes Action http://www.nonukesaction.wordpress.com   written by NNA member Chizu Hamada