7月反原発・反核抗議集会への参加誘い

やはり政府はわたし達が諦めるのを待っているのです。

福島の子供達が未だ汚染地に日常の生活を送っているというのに、国は人々を汚染地区へ送還させているのに、自主避難者への住宅支援を打ち切ったり、損害賠償の裁判を長引けさせたり、未だ東電と国の誰もが責任を追及されずにいるというのに、さらに新たな再稼働が続いているというのに、そして今諦めてはいけないと思っても、親しい友人からも「あなたは無駄なことをしている」と言われれば、萎えてしまいそうなこともあります。

福島のメルトダウンから7年以上経って、日本国内でも世界でも、福島の人為過酷事故を忘れてしまった人、忘れてしまいたい人たちはたくさんいることでしょう。でも、だからこそ、抗議を諦めてはいけないのだと思います。

前にも送ってすでに見た人もあるでしょうが小出裕章さんの1月の講演、何度聞いても同感してしまいます。政府への怒りも再び湧いてきます。
小出裕章氏講演「3・11から7年 放射能のいま、、、」2018.1.20
https://youtu.be/-vM0OXmYiF4

以下はこのリンクを再度送ってくれた東京在住の小林さんの言葉の一部。

(略)
はっきりしていることがある:
この日本の現状を生んだのも最終的には日本国民!
この日本国民の意識改革が起きない限り、
いつまでたっても、自民与党と官僚と御用産業の
思うつぼ!原発問題も憲法問題も何ひとつ解決しない!

はっきりしていることがある:
最大の犠牲者は現在の、そして、これから
生まれる罪なき子どもたち!
日本の大人たちにはなんの未練もないが、
罪なき子供たちを、これから生まれる命を
放っておくわけにはいかない!

非力でも、やれるだけの事はやろう!

事が起きてからではもう遅い!

小林和彦

第72回月例11日、7月反原発・反核抗議集会 

日時 : 7月11日,水曜日 午後3時から4時まで、安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト
場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)
主催 : No Nukes Action www.nonukesaction.wordpress.com

written by NNA member Chizu Hamada

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this: