福島惨事を風化させてはならない:月例11日反原発・反核抗議集会のお知らせ

「福島惨事を二度と繰り返してはいけない!」「政府と原子力企業は人の命を大切にしていない!」それがわたし達が立ち上がった時の怒りと祈りの声でした。その声を5年近く毎月11日にSF日本領事館を通し政府に伝えて来ました。しかし、嘘と真実の隠蔽はさらに続き、犠牲者は救われず、原発に危険な地震国に次々と再稼働が強行されています。あの時からの怒りと祈りを風化させるわけにはいかない状況が続いているのです。

それでもまづ、心強いニュースから。

「津波は予測できるものであった。その時点で緊急時の配電盤を高台に設置しておいたのなら、事故を防げた」と国と東電の過失を初めて認めさせる画期的判決が、前橋地裁でくだされました。

3月17避難者集団訴訟で一部勝訴

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017031802000144.html

そして以下は憤慨なニュース。
3月28日高浜原発3・4号機の再稼働が大阪高裁にて認められる
そして、東芝が子会社にした米国ウェスティンハウスが破産法の適用を申請したので、これからの原子力産業の縮小に嬉しいニュースかと思うまもなく、その東芝が60%保有している英国原子力会社の残り40%も買い占めなければいけない羽目となり、海外からの撤退を目指していた方針を逆転し、進出して行くことになりそうです。
福島第1原発の収束は今も、これからも大困難に面しています。子供達の甲状腺癌は確実に増加しています。避難地区への帰還が促されていても、帰って来たのは一割強、それはその地区が安全ではないことを知っているからです。でも、安全キャンペーンで人々の頭をたぶらかせて、惨事を軽く見させて、東京オリンピックで一気にお祭り気分を向上させ、福島をなかったことにしようとしているのです。忘れてはいけない、風化させてはいけないのが福島メルトダウン惨事とその刑事責任です。
4月11日、月例抗議集会に結集してください。立ち上がり、声をあげ、抗議しましう!
第57回月例11日、4月反原発・反核抗議集会
日時 : 4月11日,火曜日 午後3時から4時半まで
     安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト
場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF
     (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)
主催 : No Nukes Action   www.nonukesaction.wordpress.com
沈黙は容認なり! 犠牲者の立場に立って抗議しよう!
written by NNA member Chizu Hamada
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: