2月11日(土)、月例抗議集会への誘い

6年近くも経って、初めてカメラが、ひょっとしたら溶けた核燃料を撮影したかも知れないと発表され、メルトダウン収束への道がほんの少し開けるかと思いきや、なんととてつもなく高い放射能レベルが分析され、2021年からは溶けた核燃料の取り出しを始める計画も、さらに延期される可能性がある。 毎時7シーベルトで人は全員死んでしまうのに、なんと毎時530シーベルトの線量が推定で計測されたというのだから、人間もロボットも近づけない。収束の予算が当初より約2倍の21兆5千億円になってしまったが、そんな天文学的な額を持ってきても、福一のメルトダウンは収束ができないのではないだろうか?(トランプが大統領に選出され呆れた口が閉じられないままに、また暗いニュースで申し訳ない。)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2017020302100009.html

February 2, 2017 (Mainichi Japan)ーEnglish
こんな恐ろしい事故が収束できないまま、再稼働を決行している政府・電力会社の無責任さが許せない。損傷事故を起こせば、当事者が刑事責任に問われるのに、なんで原発事故には刑事責任がないのか?東電は損害を国民の税金で賄おうと政府に泣きつき、負担する国民へ謝罪もしない。
福島の甲状腺癌は現状で183人がすでに発病してしまった。
琉球大学名誉教授 矢ヶ崎克馬 氏・ 放射能公害下で命を守る連帯を!原発事故6年目を前にして
そして避難犠牲者の多くが、厳しい福島の故郷の現実を前に、避難先に移り住むことを決めているのが年々増えている。自主避難者への「無償住宅」の保証も理不尽に3月には打ち切られてしまう。
やはり、政府に抗議するしかない。立ち上がろう! 不正義は許せない! 結集しよう!
第5回月例11日、2月反原発・反核抗議集会
日時 : 2月11日,土曜日 午後3時から
     安倍首相への手紙読み上げとスピークアウト。4時ごろ解散予定
場所 : サンフランシスコ日本領事館前、275 Battery Street、SF
     (BART. Embarcadero駅より3−4ブロック)
主催 : No Nukes Action   www.nonukesaction.wordpress.com
written by NNA member Chizu Hamada
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: