Hiroshima Day 8/6/2014 核廃絶イヴェントの報告(ここをクリックして全文・写真をご覧下さい)

アメリカが69年前、国際軍事法に当然違法である原爆を広島の上空に炸裂させた8月6日、この日を決して忘れず、全世界の核廃絶を目指そうと、恒例の核兵器廃絶イヴェントがカリフォルニアのリバモア核兵器研究所の門外で催されました。今年のテーマは『軍縮かなわず:政府の責任を問う』です。

Livermore Jnk3Livermore Jnk1

約150人が参加しました。実は年々、参加者が減っていくのです、被爆者さんの数が年ごとに、減っていくように。でも原爆を忘れて良いという世界状況では決してないので、参加者の数が減っていく事は残念です。

スピーチをしたのは5人ほどで、マーシャル列島の住民が核保有国9カ国を相手取り、裁判を起こした事、このリバモア研究所はアメリカの核兵器開発、製造予算のなんと89パーセントを要求している事、そしてアメリカは1時間に200万ドルもの金を軍事に費やしている事、核兵器のない世界を目指すなら、同時に核発電(原発)を廃絶していく必要がある事などを話しました。

後半は10分ほどの盆踊りで盛り上げた後、多数の参加者が静かにデッドインをし、そのうち約30名が逮捕されました。最後に逮捕されたおばあさんが「連れて行かれる前に、言いたい事がある、わたしが高校生のとき広島と長崎に原爆が落とされた。わたしはその実態を見た。でも核兵器の開発と製造は今も続いている。」と警官にも話すと、さあ、今が逮捕の時だと警官に警告されても、なおも「これが未来の子供たちの世界へ続いていく事は、絶対にゆるされない!」と言いつつ連れて行かれました。ステラさんというおばあさんでした。美しい人だと思いました。

IWJのUstreamのアーカイブでこの集会の模様が見られます。

http://www.ustream.tv/recorded/51020859

IWJ サンフランシスコ支局の吉川さん、そして盆踊り参加者の日系の方々、お礼を申し上げます。

2014jJapanese Bondance team 1

 

以下はこの日 Hiroshima Dayでの Chizu Hamada さんのスピーチ文です

8.6.14 Hiroshima speech at Livermore

 

8.6.14 Hiroshima speech at Livermore-p2

reported by No Nukes Action member Chizu Hamada

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: