SF日本総領事への質問状と首相への手紙(陳情書)を郵送

ダンマーリンさんの書いた首相への手紙は配達証明で今朝郵送しました。毎回、日本総領事宛に、質問状を添えて送っています。以下は今回添えた質問状です。

 

質問状

在サンフランシスコ日本国総領事 渡邊正人殿

2011年3月11日の福島第一原発メルトダウンの過酷事故は,日本の国民に、そして世界の人々に、原発がいかに危険で、その犠牲者の責め苦には終わりのない事を教えてくれました。しかしながら、日本国政府は、福島事故から真実を学ぼうとせず、3年が経ってしまいましたが、事故は未だに収束するどころか、困難をきたしています。そして子供の甲状腺がんが顕著に増加し、未だ子供達は放射能に汚染された地域に住み続けているのです。

わたしたち、この北カリフォルニアに住む邦人ならびにアメリカ国籍人は、政府の原発推進の政策に反対しております。次の世代,将来の世代を考えれば、黙っていられません。その思いを、過去2年間,日本国首相に宛て、手紙を書き、毎月11日サンフランシスコ日本国領事(岩田領事)をとうし、差し上げて参りました。

しかしながら、去年の11月に渡邊総領事がサンフランシスコに任命して以来、岩田領事はマーシャル島に移動させられ、新任の早川領事は1-2回,手紙を受け取って下さった後,今年の3月11日からは一切電話で話す事もできず、手紙は郵送するようにの一点張りです。

これは、渡邊総領事のご指導ではないかと存じます。3月以来、三回にわたり首相への手紙を配達証明で郵送し、その都度,このような質問状を同封し、なぜ、直接受け取って頂けないのか、少なくとも受付窓口に差し出せないか、たびたび質問して参りましたが、いっこうにご返事がありません。領事館のホームページには、北カリフォルニアの3万5千人の邦人の為に領事館があるとあります。わたしもその邦人の一人です。どうぞ邦人の質問にお答え下さい。なぜ、手紙を領事に手渡す事ができないのでしょうか?

そしてやむなく郵送致しました首相への手紙は、総領事の責任を持って、どうぞ必ず首相まで届けて下さいますようにお願い致します。

 

2014年7月13日

1260 Queens Road

Berkeley, CA 94708

浜田 ちづ

 

written by No Nukes Action member Chizu Hamada

 

Comments
One Response to “SF日本総領事への質問状と首相への手紙(陳情書)を郵送”
  1. Garmin nuvi 2555 gps lifetime says:

    I used to be suggested this web site by way of my cousin. I’m now not positive whether this submit
    is written by means of him as nobody else recognize such detailed
    about my problem. You are incredible! Thank you!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: