Report/報告 for October 18,19 The Truth and Reality of Fukushima / an Educational Conference with Dr. Robert Gould, Dr. Masaki Shimoji / 教育/勉強会 『除染は果たして可能か?福島の現実と真実』下地真樹さん、Robert Gould医師を招いた教育討論会

10.17shimoji 1.19ocean-beach

Fukushima, Nuclear Power and Repression with Osaka Professor Masaki Shimoji

http://www.youtube.com/watch?v=YKRvT3Ku_H0&feature=youtu.be
Osaka Professor Masaki Shimoji who is the president of the Hannan University Teachers Union discusses the fight against the burning of nuclear rubble from Fukushima ordered by the Japanese government and the jailing of him and others for providing educational material about the growing dangers of radiation and contamination from the meltdowns at the Fukushima nuclear reactors.
Professor Shimoji was jailed for 20 days in Osaka along with other anti-nuclear activists and he discusses the continuing repression by the Japanese government in order to prevent the Japanese people from learning about the continuing dangers from the Fukushima nuclear power plant catastrophe.
Professor Shimoji spoke in Berkeley, California on October 17, 2013 and the interpretation was by Umi Hagitani of No Nukes Action.
The criminal charges against Shimoji have been dropped but the repression continues.
For more information on his case go to:
http://monmojimoji.jimdo.com/論説-エッセイ/address-to-my-students/
http://www.jfissures.org/2013/01/20/osaka-pushes-incendiary-tsunami-debris-plan/.
http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/arrest-over-disaster-debris-disposal.html
http://fukushimavoice-eng.blogspot.com/2012/12/unjust-arrest-of-professor-opposing.html
For more information from the No Nukes Action Committee go to:
https://nonukesaction.wordpress.com/
Production of Labor Video Project www.laborvideo.org

___________________________________________________________________________________

下地真樹さんのカリフォルニア教育講演会の旅を締めくくって

下地さんはサンフランシスコに10月17日に到着以来、その日からバークレーで催された「福島はここにもある、、今何ができるか?」という現地に住んでいるアメリカ市民の活動家による会議に招待され、萩谷海さんを通訳とし、早速日本の原発現状を話されました。

翌日18日午後からはバークレーの公立図書館の一室で『福島の現状,警察からの抑圧』等のテーマで講演をして頂き,会の半ばからは出席者全員が参加するパネルヂスカッションに移りました。会の冒頭では小出裕章さんからのメッセージが、初めてみなさんに紹介されました。添付しましたので御参照下さい。夕方は,個人宅で下地さんの歓迎会。バークレーで作っているビール(Trumer)がおいしいと皆で飲みました。外に出ても気持ちの良い満月の夜でした。
19日昼近くにはサンフランシスコのオーシャンビーチへ出向き,約500人の参加者とともに「FUKUSHIMA is HERE」という人文字を描きました。さんさんと陽の照る暖かい日、福島を憂うたくさんの人に出会い,下地さんも交流を忙しくなさっていました。


“500 people in solidarity with the U.S. west coast in Fukushima human character
The 19th , ” ( Fukushima is also here ) Fukushima Is Here ” and gathered at the sandy beach facing the Pacific Ocean in the west San Francisco is about 500 citizens of the United States concerned about radioactive material diffusion TEPCO Fukushima Daiichi nuclear power plant accident I made a human character . Aim to solidarity with those who suffer from accident , seek a thorough measures the Japanese government . Barbara Williams ‘s ( 85 ) was angry , ” grass-roots activities important to change the society . Nuclear power plant in Fukushima ‘s continues to sink into the sea water pollution still it is extraordinary ” he said. Spokesman John Batsuchi ‘s civic groups called for the ” Fukushima Response ” is ( 62 ) , the information disclosure of pollution reality the Japanese government from outside of “Japan while recruit supporters to the appeal of true even outside the United States it was , “he said want to seek . < The 19th , citizens who created the human word ” Fukushima Is Here ” on the beach of San Francisco, California > “http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/10/20/16fukushima/

その後2時からはサンフランシスコ州立大において『福島の現実と真実、、除染は可能か?』の勉強講演会に出席なされました。現地からは、放射能が人体にどのような影響を及ぼすかの研究専門家のロバートグールド医師が参加。会の冒頭で、小出裕章さんのメッセージが日本語と英語で(記事最後に添付)紹介されました。下地さんが講演の後には熱心な質疑応答がなされました。

http://www.ustream.tv/recorded/40009455

下地さんは約30曲ほどの歌を反原発の替え歌にしてパフオーマンスして来ましたが,今回一夜漬けで「上を向いて歩こう」の替え歌を作って下さり,下地さんとわたしたちはビーチで、そして勉強会のさ中、歌いました。
   上を向いて叫ぼう
   怒りを忘れないように
   原発が壊れた日
   時が止まった夜
   上を向いて叫ぼう
   いくつの悲しみ超えて
   ふるさとを捨てて行く
   時が止まった夜
   幸せは時の彼方
   取り戻そう いつの日にか

翌日20日の朝8時にバークレーを車で発ち,4時からはロスアンジェルスで、日本人コミュニテイーの人を集めた講演会に出席しました。作家の米谷ふみ子さんも一緒の参加です。菅野いさむさんからLAからの報告です。

LAでの講演会は大盛り上がりでした。小出さんのメッセージありがとう。大拍手でした。

下地さんの講演も素晴らしかったです。社会的な問題に関心を持っていくきっかけ、ご専門の「公共経済学」との関係。何よりも被災現地における、中手聖一さんの発言などを紹介しつつの”放射能汚染と避難”の会話が出来なくなっていく過程の分析が圧巻でした。被災地住民は一時避難という形で試してみるのだが、その困難性の体験の中で、徐々に沈黙していくという経過の指摘でした。それと、実際に避難出来た人は、健康被害の具体的な経験をきっかけに踏み切った人が多いということも重要な指摘でした。

以上が菅野さんから。

下地さんは22日に日本へ発ち,先ほど無事帰国のメールを頂きました。これからは海外向けの発信にも力を入れたいと言っています。そして今回できたつながりが、大きな力になって行く事を願っています。わたしたちも下地さんから大きなエネルギーを頂きました。これからの活動の大きな励ましとなることでしょう。

下地さん、カリフォルニア講演会ツアー、本当にありがとうございました!
English: KoideMessage
_______________________________________________________________
video “HOW NUCLEAR POWER WAS INTRODUCED TO JAPAN”

video: NHK「原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略」

Since we did not get to show the film on conference, the subtitled version of the documentary that has been uploaded here:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: