TELL THE WHITE HOUSE: END TAXPAYER SUBSIDIES FOR NEW NUCLEAR REACTORS 「国の税金を使って助成金これ以上原子力発電所を作るのはやめよう!」ホワイトハウスへ抗議しよう!

We received an email from Nuclear Information Resources Service (NIRS), asking for the petition to end the
subsidies for new nuclear reactors. As No Nukes Action, we support to this petition! Tell your friends about it! (Translator: Umi Hagitani)
私たちはNuclear Information Research Services(NIRS=原子力情報調査サービス)から、米国の原発への予算停止を求める嘆願書についてのメールを受け取りました。No Nukes Actionとして、この嘆願運動を支援します。ぜひ広めてください。(翻訳者:萩谷海)

– – – – – – – -(feel free to copy and paste the following/ 以下は転送転載歓迎)

TELL THE WHITE HOUSE: END TAXPAYER SUBSIDIES FOR NEW NUCLEAR REACTORS

「国の税金を使って助成金これ以上原子力発電所を作るのはやめよう!」ホワイトハウスへ抗議しよう!
 September 23, 2011

Dear Friends,
皆様

Yesterday we got a notice from the White House that it has added a new petition process to its website. The idea is that people can now create petitions and have them go directly to the Obama Administration. And if 5,000 people sign a petition within 30 days of its first posting, the Administration promises it will review the petition and respond to it.
私たちNuclear Information Research Services(NIRS=原子力情報調査サービス)は、ホワイトハウスの公式ウェブサイトで新たな提案について検討が行われていることを知りました。この提案とは、人々が嘆願を直接オバマ政権本部に提出することができる、というものです。最初の署名呼びかけから、30日以内に5000名が署名をした場合、内閣はこれについて検討し、応答をするというものです。

So we decided to give it a try.
ならば、私たちもやってみようか、と考えました。

Our petition to end subsidies for new nuclear reactors is here: you can sign it now.
私たちの嘆願は、アメリカ合衆国民の税金を使って、新たな原子力発電所のための助成金にあてるな、というもので、今すぐ署名できるように準備が出来ました。

The question we had developing this petition was: what should we ask for?
嘆願書を作成するに当たって考えたことは、何を訴え要求すべきか、ということです。

It didn’t make sense to ask him to close all existing reactors because, while a great idea, the President does not have the authority to do that. And the President cannot tell the NRC–which is an independent agency–what to do. Nor did it make sense to urge the administration to do something only Congress can do–for example, withdraw the existing money in the nuclear loan guarantee program.
全ての原子力発電所を今すぐ閉鎖しろと要求するのは素晴らしい一方で、オバマ大統領はそのような権限を持っていません。加えて大統領は独立局であるNuclear Regulatory Commision(NRC=アメリカ合衆国原子力規制委員会)に対して命ずることが出来ないのです。そして国の連邦議会に依拠した要求–例えば現存の原子力産業に対する貸付金を撤廃しろ、など–を内閣に提出するのも、無理のあることです。
Nor could we ask for anything too complicated–the system limits petitions to only 800 characters (not words, characters!).
あるいはもっと複雑な内容を要求することも出来ない–英数字で800文字(800単語ではなく!)までとの制限あり–ことになっています。
In the end, we decided to ask for something President Obama can easily do (or, in this case, not do): we’ve urged him to stop asking Congress for more money for loan guarantees for new reactor construction as well as money for research and development for new reactors.
以上の理由で、わたしたちはオバマ大統領が簡単に了解できる(と、同時に簡単に却下できるとも言えます)ものに絞りました。私たちの要求は、連邦議会に対して、これ以上新しい原子力発電所の建設や、その調査や開発に使用するための貸付金を保障することを中止せよ、ということです。
Here is the text of the petition:
嘆願書の内容は以下のとおりです。
The Fukushima nuclear disaster has forever destroyed the myth that nuclear power is clean or green: clean energy plants do not explode and release toxic radiation across the globe. That this accident occurred in a
highly-industrialized country using U.S.-supplied technology only underscores the inherent danger of nuclear power.
福島原子力事故によって、原子力が安全で環境に優しいという神話が永遠に崩壊しました。環境にやさしい発電所なら、爆発して地球全体に有毒の放射能を撒き散らしたりはしなかったでしょう。この事故は高度に産業化された国家がアメリカ合衆国の供給による技術によってもたらされたものです。唯一の功績は、原子力が本質的に危険なものであるということを私たちに知らしめたことだけです。
For the past two years, you have requested that Congress increase the funds available for loans for new nuclear reactor construction by $36 Billion. Congress has not done so.
過去2年間にわたり、あなた<オバマ大統領>は、連邦議会に対し、新たな原子力発電所建設のために360億ドル<約2兆8千億円>の予算を投じろと要求してきました。連邦議会はまだこれを許可していません。

We ask you now to end taxpayer support for new nuclear reactors. Specifically, we ask you not to request any additional funds for the Department of Energy’s nuclear loan guarantee program, nor for the research and development of new nuclear reactors, in the FY 2013 budget and future budgets.
私たちはアメリカ国民の税金が、これ以上新しい原子力発電所を支援することに使われぬよう要求します。とりわけ、あなたに対して、アメリカ合衆国エネルギー省の原子力貸付金保障計画、および新しい原子力発電所の開発や研究のための資金要請を今後一切行わないことを要求します。

Let’s get a direct response from President Obama. Help us get to at least 5,000 signatures by signing here (note, the White House website is sometimes a little slow, have patience). We will, of course, share his response with you.
Thanks for all you do,
オバマ大統領の直接の回答なるものを聞いてみようではありませんか。とにかく最低でも5000人の署名が必要です。サインは以下からできるようになっています(ホワイトハウスの公式ウェブサイトの署名システムは時々重くなるので、辛抱強くお願いします)。大統領からの回答を得たら、みなさんと共有することをお約束します。ご協力ありがとうございます。
https://wwws.whitehouse.gov/petitions/%21/petition/end-taxpayer-subsidies-new-nuclear-reactors/nx1cDPsK?utm_source=wh.gov&utm_medium=shorturl&utm_campaign=shorturl

Michael Mariotte
Executive Director
Nuclear Information and Resource Service
原子力情報調査サービス代表
マイケル・マリオット
nirsnet@nirs.org
www.nirs.org

Note: Don’t forget about this Autumn’s Actions for a Nuclear-Free World, especially the rally in NYC with Helen Caldicott, John Hall, Harvey Wasserman and more, and related actions across the country on October 1. More info on our action page here.
おしらせ:今秋the Nuclear-Free Worldがアクション計画を立てています。10月1日に、ニューヨーク市でヘレン・カルディオット、ジョン・ホール、ハーヴェイ・ワッサーマン、その他の人々が全米と共同で抗議行動をします。情報はこちらをごらんください。
http://www.nirs.org/action.htm

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: