11/11 RALLY REPORT

11/11ラリー リポート 折しも、ヴェテランズデイーで領事館は閉館。但し開館であっても、領事は手紙を直接この日に受け取る事はしませんので、余り変わりません。下の歩道でワイワイやっている時、隣近所のオフィスの方々に申し訳ないと、もし領事やスタッフが毎回肩身の狭い思いをしているのであれば、閉館であったのは残念ですが。 さて、集会は3時に3人で始まりました。多分3人だけで終わるだろうと思っていると、終わる頃までには、ざっと12−3人集まっていました。やはり川内原発の再稼動をくい止める重要の時なので、仕事を休んでも駆けつけた人もいました。川内原発を再稼動してはいけない理由、ソーラーエネルギーに切り替えて行く事の重大性などが話され、福島の被害者の深い悲しみをあらわしたツウィート(詩)も紹介されました。そして、日本にいて集会に出られなかったステイーブ・ゼルツアーが、今回安倍首相に宛てて書いた陳情書を、代理のダン・マーリンが読み上げました。手紙は添付しましたのでお読み下さい。そして12月11日に、またここに参集し、抗議すること事を確認し解散いたしました。 今回はIWJ(Independent Web Journal) の中継はありませんでしたが、12/11からはまたSF支局が中継をして下さいます。 なお陳情書は、11/13にジェイスン・カマリーが早川領事に会い直接手渡し、東京に届けるようお願い致しました。 それから12/11のデモ集会の後、バークレーにて、ステイーブからの日本報告、対山本太郎氏インタビュー報告、オーストラリアのウラン発掘鉱山問題のドキュメンタリー上映等のイヴェントを計画しております。ぜひ、集会参加とその後のイヴェントのため、時間を作って下さい。詳細は後日お知らせ致します。 * Report of 11/11 rally Hi everybody, We started the rally with 3 people, but it ended up with about a dozen people all together. (And this was the lowest attendance ever for last two years and a half.) The speak out were “Why we … Continue reading

10/11抗議集会事後報告(こちらをっクリックし全文・写真をご覧下さい)

見事な秋晴れ。始まりは10人ほどの参加者が最後には30人ほどにふくれあがり、そのうちの3人ほどは初の参加者でした。この集会は勉強になると一人があとで述べてくれました。 今回も福島を忘れまいとする人々が諦めず、政府への抗議集会に集まりました。 今回は御岳山の噴火の例もあって、活火山の桜島に近い川内原発の再稼動がどれほど危険であるか、火山列島の日本で安全な原発は1つもない事などの話で始まり、除染は本当に可能か、日本政府の軍事化推進に抗議しよう、ドイツの素晴らしい自然エネルギーへの転換に見習おう、日本で宇都宮健児さんの集会に参加し帰米した人は、ひたすら脱原発をめざして闘っている彼に心から感動したと報告しました。 ロスアンジェル在住のかんのサムさんが、今回安倍首相への手紙を日本語で書き、それを自分で英語に訳したものを、集会で読み上げました。手紙は10月14日以降に、予約を入れて早川領事に手渡します。サムさんの手紙はRECENT POSTS ”PLEASE RECOGNIZE THE SERIOUS SITUATION!-Letter to Abe PM for 10/11” をお読み下さい。    3時45分頃、近くの小さなスクエアーまでシュプレヒコールをあげ行進を始めました。あいにくその公園は私有地でしたので、集会をそこで続ける事はできませんでしたが、集会解散後、約12人ほどが残り、芝生の上で輪になり、来年1月24日に催される ”カリフォルニアから核をなくすグループ” 会議に、日本から誰か招待しようなどと話し合いました。何人か候補者が挙げられ、交渉の担当者もヴォランテイアで決まりました。 抗議集会の様子はIWJ(Independent Web Journal)  Ustream のリンクで見られます サンフランシスコ支局の吉川元太さん、ありがとうございました。 http://www.ustream.tv/recorded/53849431   reported by No Nukes Action member Chizu Hamada  

9/11抗議集会事後報告(ここをクリックして写真・全文をご覧下さい)

インデイアンサマーの始まりか、いつもよりずーと暖かく日本の秋晴れを思わせるいい天気でした(ベイエイリアの夏は、涼しすぎるのです、すっぽりとここだけエアコン状態なのです)。 さて、前日の原発規制委員会審査で、川内原発は再稼動をしても安全だと認定されたあとだけに、またしてもわたしたちは傷を負った感じでしたが、やはり諦める事なく抗議しました。約15人が参加しました。 カリフォルニアにただ一つ残っているデイアブロキャニオン原発が3つの地震帯の上にあり、そのうちの一つはつい最近発見され、もし廃炉にしなければ、福島のようになるとのスピーチもありました。そしてドイツのように、勇気を持って決断し全原発を廃炉にし、太陽熱で充分にやって行けるのだと、別の一人がスピーチしました。 今回は舞踏ダンサーひろこさんのリードで、終わりは全員で”Dance of Life”を踊ってみました。 Independent Web JournalのSF支局の吉川元太さんが、今回もUstreamingをしてくださいました。 リンクです。 http://www.ustream.tv/recorded/52572222 参加者の皆さん(日本の人もアメリカの人も),吉川さん、ロスのサムさん,そして参加はできなかったけど支援を続けて下さって、これを読んで下さっている皆さん、本当にありがとうございます。皆さんの支援があるからこそ26回も続けて来られました。諦める事はできない厳しい日本と世界の状況です。来月の抗議集会もよろしくお願い致します。 written by NNA member Chizu Hamada

8月11日抗議集会 事後報告(ここをクリックして写真・全文をご覧下さい)

参加者の皆さん、ごくろうさまでした。 8月は、アメリカが原爆を広島と長崎に落とした、忘れられない月です。抗議集会に参加した人達は原発廃炉と核兵器の廃絶を願って、抗議しました。 集会の冒頭で、8月9日の長崎式典で素晴らしいスピーチをした被爆者代表の城臺美彌子(じょうだいみやこ)さんの次のような話が、英語で紹介されました。日本は核禁止条例をリードしていかなければならないのに、その責任を果たしていない。集団的自衛権の行使容認は憲法に対しての暴挙である。そして核爆弾と核エネルギーが同質の物である事を知っていて、福島の現状にも触れ、再稼動、原発輸出を批難し、廃炉を要求しました。 抗議集会でスピーチしたセシルさんは、核兵器は速い戦争、核エネルギー(原発)はゆっくりした戦争で、実は同じものだと言いました。 人類が長い年月を経てやっと自然界の放射能に対応できるようになったのに、人類は愚かにも自らウランを掘り出し、分裂,融合させて、たくさんの(人工)放射能を人類の上に、地球に、大気にばらまき、未だ反省がなく、さらにこれからも放射能をばらまき続けようとしています。 ひょっとしたらもう取り返しのつかない所まで来ているのかもしれないのに、、、。 集会の模様はIWJ のURLで見られます。IWJサンフランシスコ支局の吉川さん、今回もありがとうございました。 http://www.ustream.tv/recorded/51270256   written by No Nukes Action member Chizu Hamada  

7/11抗議集会の事後報告及びIWJヴィデオ, ダンマーリンの首相への手紙と「赤旗」記事

7月11日には20人ほど集まり、抗議集会が行われました。初めて参加する人もあり、また赤旗新聞の記者さんも取材に来られました。7月1日に集団的自衛権の行使容認が決議されたばかりでしたので集会もいつもより殺気立っていました。 驚いたのは、前回首相への手紙を受け取り、領事に渡すと言っていたビルの警備員さんがやって来て、今回は悪いけれど受け取れない、手紙を受け取り領事からひどく非難された、決して受け取るなと言う事なので、受け取れない、あなた方のしている事は理解しているが、領事にそう言われている、と、まず集会の始まる前に言われた事です。 全く何がかたくなに手紙を拒む理由なのか、分かりません。集会の中頃、手紙を受付に持っていった時も、同じことを言われ断られました。今回も配達証明にて送る事になりました。 以下はIWJヴィデオのリンクとダンさんの首相への手紙です。   http://www.ustream.tv/recorded/49940610   7/11 NNA Letter To Japan PM Abe July 11, 2014 Dear Prime Minister Abe, I am writing to you on the occasion of a monthly demonstration in front of the Japanese Consulate in San Francisco, CA. This demonstration has taken place on the eleventh of each month for … Continue reading

The report of 6/11 rally・6/11の事後報告と6/14イヴェント

6.11 a - Copy

Hi Everybody, Thank you for attending the 23rd 11th of every month No Nukes Action rally! 15 – 20 people attended and 5 – 6 people spoke about the victory at Fukui district court, Japan’s direction for the militarism, the ongoing Fukushima accident, the decontamination, the harassment for the anti-nukes activists, and more problems. The … Continue reading

月例11日5月集会事後報告 5/11 Rally IWJ video report

dougminkler_nnac

第22回月例5月集会、参加の皆さん、ありがとうございました。約30人ほどが参加し、初めて今回はジャステイン.ハーマン.プラザまで行進しました。サンフランシスコも五月晴れでした。 折しもこの日は[母の日」でしたので、福島のお母さん達の苦難を思い、事故後精一杯子供達のためにベストを尽くしているたくさんのお母さん達を、讃えました。 未だ13万人を超える人達が避難生活をしています。避難県民を対象にしたアンケート結果では事故後約半分に近い家族世帯が2カ所以上(3、4、5カ所もある)に別れて住んでいます。 4月26日には川内村の一部の避難指示が解除され3ヶ月までの滞在が許可されましたが、申請したのは一割に過ぎず、戻った人の中には隣近所に誰もいないから寂しいと言う人がいました。結局、村とか共同体は破壊されてしまって、形だけの汚染された家が残っているのですね。 このマンメイドの福島事故に果たして終わりがあるのでしょうか? 安倍政権は、[臭いものにはふた」で、事故のネガテイブな部分を隠し、これから伸びて行く(?)日本への投資を世界に誘っています。経済的に世界と肩を並べて行く為には原発エネルギーが必要だと、懲りずにうそぶいているのです。 この流れを変えなければいけません。わたしたちの声が、存在が、この流れを変えて行くのです。 諦めず、闘いましょう。再稼動は許せません。原発はみな廃炉にしましょう。   以下は、IWJ、 Ustream のリンクです。 click below to watch IWJ, Ustream video report http://www.ustream.tv/recorded/47462417

4/11集会デモ事後報告と5/10イヴェントのお知らせ Video and Photo of 4.11 Rally and information of 5.10 Event

dougminkler_nnac

集会参加の皆さん,お疲れさまでした。 21回目の集会は初めての新しい場所で行われました。前の場所より人通り、車の行き来が多く より目立つ所のようです。約20人ほどの参加でした。インドから来てアメリカ在住のビンデューさんが初めて参加してくれて、インドの状況を訴え、インドの言葉での叫びを教授してくれました。 日本から戻って来たばかりのステイーブ・ゼルツアーさんは日本での状況を報告しました。 今回は萩谷海さんが安倍首相と復興庁に宛て、手紙を書きました。しかし、前回のように、直接に渡す事はできませんでした。領事館の入り口で、帰らなければ不法侵入で逮捕すると言われ、 ボランテイアーで持って行ってくれたコニーさんは、仕方なく手紙を持ったままっ戻て来ました。非常に失礼な応対だったそうです。 陳情書を窓口で出せないのは、不可解です。メールで送るよう命令されました。また、配達証明で月曜に送る事になります。 以下が IWJ, Ustreamのリンクです。 click below to watch IWJ, Ustream Video of 4.11 No Nuke Rally http://www.ustream.tv/recorded/46046371 here is Web photo album of 4.11 No Nuke Rally by Bindu Desai You are invited to view bindutde’s photo album: We all live in Fukushima!! April 11,2014, outside the Japanese Consulate in San Francisco We … Continue reading

Fukushima 3rd Anniversary: Report from Berkeley/ San Francisco

-1

(Photo by Wakana Kawamura) We are compiling pictures that are sent from 11 Japanese consulates on the third Fukushima anniversary with a lot of appreciation and our Fukushima-fatigue (I know you are too!) brains! We would like to report back our coalition very soon, but meanwhile, here are some links (video by Genta Yoshikawa + … Continue reading

3/11 Berkeley Silent Prayer と第20回月例デモの事後報告

dougminkler_nnac

福島の原発事故から3周年の3月11日。 まずバークレー黙とうには約15人が参加し、福島の犠牲者を祈って20分の黙とうを捧げました。暖かい陽が降り注いでいました。添付の写真をご覧下さい。 そのあと、ほとんど全員が一緒にSFの日本領事館へと向かいました。 第20回目の月例集会,今回は3周年とあって全米17の領事館、1大使館の一斉請願アクションをオーガナイズし、半数以上の10領事館1大使館でこのアクションは行われました。 この日は、毎月歩道へ降りて来て下さるはずの早川領事との電話のやり取りで、降りて来ない事、それは東京からどこの領事館へも指示があったからとのこと、手紙を持って来る予約は取らないから領事館へ入れないこと、ひたすら郵送のみでしか受け取らない事を言われていましたのが、2時15分にともかく入り口の警備カウンターに行き、領事館に入りたい旨を、身分証明書を見せてお願いしました。 すると領事館へ連絡した警備員は「誰かが今、下のロビーに降りて来るのでここで待つように」と言うので、約15人ほどがロビーに整列し、待ちました。45分しても誰も降りて来ません。また領事館へ電話すると早川領事のアンサリングマシンへ回されました。誰かが降りて来ると言うので待っているが、来ない、3時からは集会が始まるので、降りて来たら電話して下さる旨を残しました。 集会が始まって30分しても電話はありません。なぜ警備のカウンターに行ったとき、下に降りて来るなどと言ったのでしょうか? そのつもりは全くなかったのでしょうか? わたしたちはテロリストではなく、手紙を渡したいと言っているだけなのに、なぜ入館を阻まれ、降りて来るから待てと、嘘としか思えない失礼を受けなければならないのでしょうか? 誠実さに欠けます。 でも、こんな事は政府が国民に対して頻繁にすることです。「臭いものにはふたをしろ」なのです。だから怒ってはいけない等とは絶対に言いません。だからこそ、怒らなければいけないのです。黙っていては、いけないのです。声を出し、それは正しくないと言わなければならないのです。 政府と原発産業のひどい仕打ちを受けているのが、福島の犠牲者達です。犠牲者にとっては命にかかわる事なのに、政府はその責任を取らず、子供達の甲状腺がんは原発事故のせいだとは判断できない等と言っているのです。これは不正義です。闘うしかありません。 ですから集会デモ開始30分後、月例デモとしては初めての Die-In をしました。 あとはヴィデオを見て下さい。 参加者は約80人。参加した人、参加したくてもできずそれでもひたすら支援してくれた皆さん、ありがとうございました。詩あり,音楽あり,ダイインあり、行進ありと今回はヴァラエテイ富んだ、力のこもった集会デモでした。 The 20th Every 11th of Month No Nukes Rally in San Francisco, 3/11/2014 http://www.ustream.tv/recorded/44797683 再稼動反対! 子供を守ろーう! Silent Meditation and Prayer in Berkeley

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 383 other followers